ワーグナー:歌劇《さまよえるオランダ人》(全曲) ESOTERIC エソテリック SACD

Super Audio CDハイブリッド
このディスクは通常のCDプレイヤーでも再生可能なCD層とSuper Audio CD対応専用プレイヤーでのみ再生可能なSuper Audio CD層の2層構造です。
このCDはマスターからの制作時、エソテリックの機器と技術で作り上げられたものです。

ワーグナー:歌劇《さまよえるオランダ人》(全曲)
ESSG-90229/30

極限の凝集力で一気呵成に聴かせる緊迫感溢れる《オランダ人》
約30年ぶりのリマスターが日本で実現。
1992年以来、約30年ぶりの国内発売。
レコード芸術の一つの極みともいうべきバイロイト音楽祭での実況録音の中から、カール・ベーム指揮による1971年の《さまよえるオランダ人》を、世界初Super Audio CDハイブリッド化で再発売。

リヒャルト・ワーグナー
歌劇「さまよえるオランダ人」(全曲)
3幕のロマンティック・オペラ(この演奏では全曲を通して演奏する版が使われている)
台本:作曲者
ダーラント(ノルウェーの船長):カール・リッダーブッシュ(バス)
ゼンタ(ダーラントの娘):ギネス・ジョーンズ(ソプラノ)
エリック(猟師):ヘルミン・エッサー(テノール)
マリー(ゼンタの乳母):ジークリンデ・ワーグナー(メッゾ・ソプラノ)
舵取り:ハラルト・エク(テノール)
オランダ人:トマス・スチュアート(バリトン)
バイロイト祝祭合唱団(合唱指揮:ヴィルヘルム・ピッツ、ヘルムート・フェルマー)
バイロイト祝祭管弦楽団(指揮:カール・ベーム)
演出:アウグスト・エヴァーディング
DISC 1
序曲
− 第1幕 −
第1場
第1番 導入部
「ホヨヘ! ハロホ! ハロヨ! ホ!」[(水夫たち、ダーラント、舵手)
「間違いない、あらしは安全な港から」(ダーラント、舵手)
「遠い海から嵐とともに」(舵手)
第2場
第2番 レチタティーヴォとアリア 「期限は切れた〜憧れの心もて海の淵に」(オランダ人のモノローグ)(オランダ人、オランダ船の水夫たち)
第3場
第3番 シェーナ、二重唱と合唱
「おーい! 舵手君!」(ダーラント、舵手、オランダ人)
「嵐と悪しき風に追われ」(オランダ人、ダーラント)
「南風だ! 南風だ!」(舵手、水夫たち、ダーラント、オランダ人)
「遠い海から嵐とともに」(水夫たち)
− 第2幕 −
第1場
導入部
第4番 リート、シェーナ、バラードと合唱
「ブーンブン、かわいい車よ」(糸紡ぎの合唱)(娘たち、マリー)
「ヨホホエ!〜 帆が血のように赤く帆柱の真っ黒な船に」(ゼンタのバラード)(ゼンタ、娘たち、マリー)
「ゼンタ! ゼンタ! 私を破滅させようとするのか?」(エリック、娘たち、マリー、ゼンタ)
第2場
第5番 二重唱
「ゼンタ、待って! ちょっとだけ話があるのだ!」(エリック、ゼンタ)
「私の心は死ぬまであなたのもの」(エリック、ゼンタ)
DISC 2
「彼が私を見おろすまなざしの」(ゼンタ、エリック)
「私は高い岩の上に夢みつつ身を横たえ」(エリック、ゼンタ)
第3場
第6番 フィナーレ
「娘よ、私が敷居のところに立っているのを見ながら・・・」(ダーラント、ゼンタ)
「 娘よ、この見知らぬ方を歓迎しておくれ」(ダーラント)
「遠く忘れられた古い時代の中から話しかけるように」(オランダ人、ゼンタ)
「お父上の選択にご不満でしょうか?」(オランダ人、ゼンタ)
「ごめんなさいよ! 外にいる人たちはもう待っていられないんで」(ダーラント、ゼンタ、オランダ人)
− 第3幕 −
導入部(間奏曲)
第1場
第7番 合唱とアンサンブル
「舵手よ、見張りをやめよ!」(ノルウェーの水夫たち、娘たち)
「ヨホホエ! ヨホホエ! ホエ! ホエ!」(オランダ船の水夫たち、ノルウェーの水夫たち、舵手)
第2場
第8番 フィナーレ
「私は何を聞かなければならぬのか」(エリック、ゼンタ)
「忘れてしまったのだろうか」(エリックのカヴァティーネ)(エリック)
「ああ! もはや終わりだ! 救済は永遠に失われた!」(オランダ人、エリック、ゼンタ)
「あなたから私が遠ざけていた運命を知るがいい!」(オランダ人、エリック、ゼンタ、ダーラント、マリー、合唱、オランダ船の水夫たち)
販売価格 7,944円(税722円)
購入数


Top